手間がかかっても

手間がかかっても

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売買の注文をして儲けを生み出す取引です。

 

売買の値段はいつも上がったり下がったりします。

 

これが為替相場です。

 

インターネットでニュースをみていると為替相場の情報が流れます。

 

「現在の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを言い表しています。

 

言い換えると、トレードには買値と売値の2つの価格が存在します。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表示する業者もあったりします。

 

売値が安い価格になっています。

 

あなたが買値は高く、売値は低くなります。

 

その差をスプレッドといい取引業者の収益の一部になっています。

 

スプレッドは取引会社によって変わります。

 

スプレッドは支出となるので、低いFX会社をピックアップするほうが有利です。

 

ただ、同じ業者でも場合によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

 

例としていつもは円とドルの通貨ペアでたった1銭のスプレッドの幅だとしても、相場の上下が大きい場合には1銭よりも大きくなったりするのです。

 

という訳で、スプレッドが狭いのと同じくらい、安定しているということが肝心です。

 

最近では変化しないスプレッドの差を見せるFX取引会社も数多く存在します。

 

現実に業者の売り買い画面の上でリアルなレートを見て確認しなければ判別できないので手間がかかりますが必要不可欠な事です。

 

多額のお金を投じてエントリーをするわけですから、本物の売り買いの前に、魅力的に思えたFX会社の新しい口座開設をいくつもして示されているスプレッドの差を確認しましょう。

 

同じペアでもそのタイミングの外国為替市場の条件によって、スプレッドの幅は変化します。

 

一般的には、銀行間取引市場で売買高が多い通貨ではスプレッドの幅が小さく残りのペアではスプレッドの差が広がるのが一般的です。

 



関連記事

  1. 手間がかかっても
  2. テスト